About US

治療ではなく、ナビゲイトする。
当院は治療院ではなく、”自立支援アミューズメント施設”です。

当院の考え方

結局”病は気から”だから、
未来の自分がどういう道をどう歩んでいったら、よりゴキゲンになっているか?
ということを具体的にイメージ&シミュレーションして、
それがスムーズに実現する為に必要な条件(状況、アイテム、人物)を割り出し、
日々着々と揃えていく遊びと捉えると、人生で起こる様々な出来事も楽しめます。

基本、MUST思考よりWANT思考で、
自分の人生がより豊かになる思考に基づく選択をすることが、
1番ゴキゲンに楽しめます♪

また、完璧を求めてしまうと、心身の余裕(遊び)が減ってしまい、
自分で自分にダメ出しをするパターンに入ってまいやすいです。

決して完璧は求めず、
性格が悪かったり、ダサかったり、グダグダだったり、ズルかったり、ルーズだったりする自分、
まず、その自分自身が1番に笑って許して、認めて、受け容れてあげるようにしてあげて下さい。

そういう部分を弱点(ウィークポイント)と捉えて、隠すことにチカラを費やすよりも、
それを包み隠さず曝け出し、それを許してくれる奴らと、
お互いのクセを笑って許して、イジり合っていけたら、
チャームポイント(個性)として活きてきます。

そうすることで、
子どもが『ダメと分かっているけど、やりたくて堪らなくてイタズラしようとする瞬間』の、
ゴキゲン&ヤンチャな表情でいることができます♪

鍼灸について

当院ではナビゲイトの一環として、鍼灸を用いています。

鍼灸というものは、患者を依存&執着させたり、
傷の舐め合いやゴマカシや甘やかす為のツール(手段)ではありません。
今まで良かれと思ってやってきた過去の思考に基づく選択の結果、
心身の健康面において迷子になってる患者さんが、
自立する為の支援をするのが鍼灸であり、
そのルーツである老子の道教思想(タオ)のやり方の1つです。

なので、あくまで鍼灸で治すのではなく、

鍼という異物が皮下に侵害することと、お灸の熱が皮下に損傷させることを
特定の性質&支配領域&身体の各機関と連携している経絡経穴に対して行う事で、
脳(主に淡蒼球による馴化)や内臓が不調和、不自然に対して違和感を感じることに慣れ、
麻痺してしまっていたことを気付かせ、修正するように促し、
患者さん自身が自然治癒力&自己治癒力で治しに行き、
無事に、病や症状を経験した中から気付きと学びを得るミッションをコンプリートし、
それを後々に思い出したとき、人生をより豊かに変わっていくキッカケだった思い出になるように、
チューニング&ナビゲイトしていく為の利用&活用するツールです。

我々、鍼灸師が本来やるべきは、ただ症状を緩和する施術をするだけではなく、
その道のプロの経験と智恵から作り出した空間と時間の流れの中で感性をいかに呼び戻し、
日常に溢れ過ぎて、慣れ、違和感を感じなくなってしまっている不自然(不調和)に気付き、
もう不要と感じて手放していけるよう、思考を促すのが本道と考えます。

その流れ作りの為に鍼と灸という本来身体に害を与える刺激で、
基準値を修正するように脳や内臓に働きかけるのです。